クレジットカード決済での注意について

menu

初めてのクレジットカード HOW-TO

クレジットカードは気軽に申込みができて、様々なサービスがあるために、何枚も所有しているという人は珍しくないようです。

お財布にお金が入っているかどうかを気にすることなく買い物ができるクレジットカードの決済は、日々の買い物を気軽なものにします。人によっては、たまの衝動買いに留まらず、精算しきれない額をクレジットカードで使ってしまうことがあります。

数枚のクレジットカードを併用している人の場合は、精算日が月に何度も発生して、支払いが把握しきれなくなります。その為、月に何度も返済日の度に、返済金額が口座に入っているかどうかを確認しなければならず、管理が大変になります。

クレジットカードの決済そのものは手軽にできるかもしれませんが、支払いのことを考えるならば、先々のことまで考えてやりくりをすることです。最近は、カード情報を読み取って、勝手に使用されてしまうことがあります。

クレジットカード会社から届く利用明細は必ず目を通して、決済日前までに不審な購入履歴などがないかどうかを確認する事も必要です。リボルビング払いという支払いが、クレジットカードの支払いではよく使われています。支払い金額を安定させることができます。

分割払いと、リボ払いを、混同して理解しているような人もいます。リボ払いと、分割払いでは、1カ月の支払いを決める方法が全く違うものなのです。分割払いというのは返済回数を決めて商品を購入するので、決めた回数分だけ返済すれば支払いは終了します。

一方、リボ払いでは、毎月いくらまでの返済をするかをまず決定します。リボ払いの場合、完済までの返済回数が多くなればなるほど、完済までの時間が延び、結果的に利息も増えます。

クレジットカードの決済額にかかわらず返済を一定に維持できることがリボ払いの利点ですが、返済が遅々として進まないという状況にもなりかねません。クレジットカード決済をする時は、いつまでも支払いが残ってしまわないように、計画的な利用をするように心がけましょう。